TOP フィールド MTBスキルパーク「DKFREERIDE MTB PARK」(静岡)コーナリングからジャンプまで乗車技術が効率的に身につく

Mountain Bike Field フィールド紹介

第2回 マウンテンバイクフィールド助成金制度 対象事業

MTBスキルパーク「DKFREERIDE MTB PARK」(静岡)コーナリングからジャンプまで乗車技術が効率的に身につく

 MTBで“飛ぶ”までの高度な技術を段階を追って習得できる「DKFREERIDE MTB PARK」。コーナリングからジャンプまで様々なMTBの乗車技術を磨けるスキルパークだ。初心者でもジャンプを習得できるコースがあり、上級者向けには安全に練習をするためのエアバッグ設備も整っている。長くMTBパークの造成・管理を行ってきた高橋大喜氏が手がけたスキルパークで、日本トップのフリーライダーである同氏によるライディングスクールが行われていることも、リピーターが多い理由の一つだ。

楽しく気持ち良いMTBライドのための技術を磨くなら

 MTBで走るなら、どんなトレイルでも技術があればより楽しく乗れる。とくに昨今のMTBコースでは、フロートレイルと呼ばれる、滑らかな路面が上下左右にうねるように続くコースの中に、ジャンプなどのセクションも設置されている。いわゆる“乗れる”技術を身につけるなら、専用のスキルパークで技術を磨くのが一番の近道だ。

 富士山のふもと、静岡県沼津市にある「DKFREERIDE MTB PARK」は、日本におけるMTBスキルパークの代表格である。ジャンプやバームといった作り込まれたコースを楽しめ、レベルに合わせて、MTBならではの走行技術を徐々に自分のものにしていける。

コンパクトだが走りごたえがあるコース

段階を追って上達できる5つのコース

 パークは、大まかに5つのコースに分かれている。コーナリングコース、初中級者ジャンプコース、中上級者ジャンプコース、パンプトラック、そしてエアバッグだ。

 コーナリングコースは、大きく懐の深いバームが下り斜面に続くもの。バームのついたコーナーが続き、コーナリングでの自分の重心位置を細かく確認しながら楽しめる。

バームの続くコーナリングコース。バーム角に合わせて体重を押し込む

 漕がずに加速するパンピングの技術を磨けるパンプトラックは、スピードが乗りやすく、様々なロールやジャンプなどの組み合わせも楽しめる。下りの一方向コースなので、無理のない加速ができる。

2020年秋に改修され、さらに走りやすくなったパンプトラック

 ジャンプをゼロから習得できるのが初中級者ジャンプコース。ジャンプ台を使って空中に浮くことを学べる。レベルに合わせて高さの異なる2レーンを選べる。

初中級者ジャンプコース。MTBで飛ぶ理屈を体で習得できる

 中上級者用のジャンプはなかなかの大きさ。ここも2つのレーンを選べる。丁寧に手入れされている面は立たせ気味、高さを出せるように設計されていて、上級ライダーでも、ジャンプだけで一日楽しめそうだ。

中上級ジャンプコース。着地場所も広く心理的にも安心

 そして、ある程度ジャンプの技術を身につけた乗り手にはエアバッグがある。次のレベルに素早く到達できる練習施設だ。エアバッグがあることで、空気の入った大きなエアバッグに着地し、怪我なく大ジャンプが楽しめる。空中で技を決めることに専念でき、大ジャンプを決めるときの技術も、怪我なく身につけられる。

着地が空気のバッグで怪我をしにくいエアバッグ
巨大なジャンプをしっかり踏み切る反復練習は他ではしにくい

簡単な言葉で的確な動きを伝えるスクール

 さらに安全に、そして効率よく上手くなりたいなら、高橋氏のスクールに参加することがおすすめだ。冬場は毎月数回ほどの頻度で技術スクール「ライディングクリニック」が開催されている。レベルに合わせ、ビギナー半日クリニック、ベーシック(初級)クリニック、アドバンス(中級)クリニック、エキスパート(上級)クリニック、ジャンプクリニックなどが行われる。

人気の高いスクールの風景。左から2人目が高橋大喜氏

 取材日はアドバンス(中級)クリニックが行われていた。この日は重心移動を利用したコーナリングの技術向上、カッティーという方向転換のテクニック、そしてジャンプの基礎技術という流れで進んだ。

 テーマごとに、おおまかなポイントが説明され、ちょっとした体の使い方、意識の向けるポイントといった乗り方のヒントをわかりやすく教えてくれる。その通りに乗車すると、途端に上達するから不思議だ。そして実際の走り、個人の動きを高橋氏がチェックしてくれる。この日もスクールの前と後では、参加者の走りは目に見えて上達していた。リピーターが多いのもうなずける。

スクールではライド中の意識すべきポイントを、わかりやすく伝えていく

日本MTBコースを造ってきた高橋氏のホーム

 このDKFREERIDE MTB PARKは、高橋氏のホームフィールドのようなもの。乗車技術を上達させる同氏のロジックを体感してもらうための施設である。レースではないレジャーとしてのMTBパークを実現しつづけてきた高橋氏が提供する、技術向上のいちばん効率的な方法だ。

地形を使って加速する技術は、体力の温存にもつながる
飛ぶことで新たな自転車の楽しみが感じられるはず

 長くスポーツとしてMTBを楽しんでいくためにも、乗車技術を身に着けることは、とても有効でもある。ここにあるコースをすべてマスターできれば、カナダ・ウィスラーをはじめ世界のMTBパークで臆せず楽しみ尽くせることだろう。

DK FREERIDE MTB PARKの全景

フィールド情報

所在地〒410-0001 静岡県沼津市足高尾ノ上222-1
電話番号070-4366-4982 (10時~15時)
営業期間土、日、祝日のみ営業
営業時間9:00~16:00(夏季16:30)
利用料金スキルパーク走行料3,000円(小学生以下1,000円)、エアバッグ利用料2,000円、スキルパークとエアバッグのセット料金4,000円 学生割引や静岡県民割引もあります。
実施イベントスクール、ライドイベント
管理者一般社団法人DKFREERIDE MTB LOGIC
フィールドタイプ

レベル

設備

“静岡県沼津市にある常設のMTBスキルパークです。初心者から中上級者まで幅広く楽しめます。安全にジャンプ練習ができるエアバッグも設置されています。
東名高速道路の愛鷹スマートインターより車で5分とアクセスも良く、レンタルバイクもあります。ご来場をお待ちしております!”

「DK FREE RIDE MOUNTAIN BIKE LOGIC」ウェブサイト

フィールドに聞きました

Q フィールドの自慢ポイントは?

DKFREERIDE MTB PARKはプロフリーライダー高橋大喜が、国内外で培ってきたMTBフリーライドのライディングスキルとライディングスタイルが反映されたMTBスキルパークです。MTBライディングに必要とされているターン、ジャンプ、パンプ、ドロップなどの運動動作を楽しみながら身に付けることができるのが特徴です。

Q フィールドに変化は付けている?

2020年2月に本オープンしたばかりのパークですが、2020年の秋から冬にかけてパンプトラックに変化をつける予定です。

Q その他アピールしたいこと

巨大なエアバッグを利用してジャンプ練習ができるのは国内でも当パークしかありません。ぜひ体験してみてください。パンプトラックと呼ばれるコブが続くコースや初級者用ジャンプエリアもあるので、MTB初心者やお子さまも安心して遊べます。また月に数回ライディングクリニック(スクール)も開催しています(要事前予約)。

スタッフからのコメント

少しでも安全に飛べる様に設計してあるので、これからジャンプを始める方に最適です。バームエリアではコーナリングの反復練習が可能です。また国内では当パークでしか体験できない安全なエアバッグでジャンプの練習に来ていただければと思います。

コース掲載希望の方へ

本ページへの掲載をご希望の場合、こちらのフォームに記載をお願いします。担当者からご連絡させていただきます。

申込みフォーム