TOP HOW TO 教えて! MTBのスゴイ人教えて! MTBのスゴイ人<20>
なぜ、最近のMTBはハンドル幅が広いのですか?

How to ride and enjoy 教えて! MTBのスゴイ人

教えて! MTBのスゴイ人<20>
なぜ、最近のMTBはハンドル幅が広いのですか?

 近年、MTBのハンドル幅が一昔前に比べて広くなっているようです。完成車として販売されるモデルも軒並み広めです。今回は「なぜ、MTBではハンドル幅が広がったのか」について、プロライダーの品川真寛さんが答えます。

品川真寛(しながわ・まさひろ)
 1982年2月15日生まれ。2004年ロードレース全日本選手権U23クラスで優勝。2005年からオランダ籍スキル・シマノで活動。2007年にパリ〜ルーベ日本人初出場。2012年ジャパンカップロードレース11位を最後に引退。ロード選手引退後はMTBリーグのCoupe du Japon(CJ)に参戦。2015年にMTB全日本選手権エリート10位、2017と2018年にMTB全日本選手権マスターズ優勝。2019年に静岡県伊豆地域にあるメリダブランドの大型展示体験施設「MERIDA X BASE」のマネージャーに就任し、同時にミヤタ-メリダバイキングチームのサポートライダー兼メカニックとしても活動。さらに2019年に設立した地域密着型のロードレースチーム「レバンテフジ静岡」のコーチに就任。スポーツ自転車の楽しさをライダー、施設スタッフ、コーチという3つの立場から伝え続けている。

ハンドルが広くなったのは、ホイールが大きくなったから

 ハンドル幅が広がったのは、MTBのタイヤサイズが大きくなったことと関係があると思います。現在のMTBは、27.5インチ、29インチが主流です(以前は26インチが主流でした)。障害物を乗り越えやすい、ということで、ホイール径は以前よりも大きくなりました。

 そしてタイヤの大型化により、走行中の遠心力は大きくなりました。ホイールが回転しているときにハンドルを操作すると、いわゆるジャイロ効果でより大きな力が必要になります。回っているものが、同じ向きへ回転を続けようとする力の作用をジャイロ効果といいます。ホイールが大きくなると、小さめのホイールと比べてジャイロ効果が大きくなります。つまり回っている大きなホイールの向きを変えるためには、小さめのホイールよりも大きな力が必要となるということです。そのため、ハンドル幅を広くして、今までと同じ操作の感覚でということになってきたのだと思います。

完成車として販売されるMTBのハンドルバーの幅は、肩幅よりはるかに広くなっています。それには理由があるのです

 特に下り系、ダウンヒルやエンデューロのMTBには、ハンドル幅が800mmほどのものもあります。ハンドル幅が広いことで、オフロードでの押さえ込みが効いて操作しやすくなるというメリットがあるからです。一方で、ハンドルの端が木など引っかかりやすくなるというデメリットもあり、乗り手の体格に合わせて、ハンドルの両端をカットするというのが、愛好家の中では当たり前のように行われています。

ブレーキレバーに自然な体勢で指をかけたときにちょうどよく感じられるハンドル幅にカットするのは、愛好家では当たり前に

700mmぐらいが標準的な幅

 MTBをこれから買おうと考えている人に、もう一点お伝えしたいことがあります。近年は全ての完成車がグローバル(世界)モデル。完成車に付くハンドルバーも世界対応の製品であるため広めになっていることもあります。人によっては広く感じるかもしれないということです。広く感じるようならば、ハンドルを切って、幅を狭くするのもひとつの手かと思います。

 ただし、下りをメインに走りたいのなら、操作性を重視して、そのまま使ってもいいと思います。最終的には、切るか切らないかは好みの問題です。それこそ、お店に相談するのがいいですね。実際にハンドルを切るには、グリップの取り外しなどが必要になるので、お店に任せるのが賢明です。

公道を走るときには、広いハンドルバーのMTBには気をつけなくてはいけないことが

広いハンドル幅での歩道の通行はNG

 私の場合、MTBのハンドルは切った上で700mmにしていますが、ハンドル幅は、乗り手の永遠の課題ですね。乗り方やポジションによって、気持ちよく感じるサイズが変わってくるからです。

 ちなみに、このハンドルバーの広さにはひとつ注意点があります。それは、道路交通法により、ハンドル幅が600mmを超えると、歩道は通行できなくなることです。ハンドル幅が600mmを超えても、車道は問題なく走行できますが、歩道の通行はNGになることを覚えておきましょう。