TOP HOW TO クイズで知る自転車の正しいルールクイズで知る自転車の正しいルール<19>
「自転車で危ない運転をした人は『講習』を受けなければならない場合がある」

News / Columnクイズで知る自転車の正しいルール

クイズで知る自転車の正しいルール<19>
「自転車で危ない運転をした人は『講習』を受けなければならない場合がある」

 自転車で道路を走る時に、守らなければならないルールが、道路交通法(道交法)です。しかし運転免許のない自転車では、ルールの知識を持たないまま乗車している人も少なくないようです。自転車に必要な道交法の基礎知識を、簡単なクイズで学んでみましょう。

問題

【自転車と罰則】

自転車で危ない運転をした人は「講習」を受けなければならない場合がある。 〇か×か?

答えを見る

答え:〇

解説

 平成27年(2015年)6月1日から施行された改正道路交通法において、信号無視などの危険なルール違反を、3年以内に2回以上繰り返した者(14歳以上)に対し、都道府県公安委員会から「自転車運転者講習」の受講を命ぜられることになりました。受講命令に従わなかった場合、5万円以下の罰金が科せられます。

 危険行為は以下の15類型が定められています。

・信号無視【道交法第7条】
・通行禁止違反【道交法第8条第1項】
・歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【道交法第9条】
・通行区分違反【道交法第17条第1項、第4項又は第6項】
・路側帯通行時の歩行者の通行妨害【道交法第17条の2第2項】
・遮断踏切立入り【道交法第33条第2項】
・交差点安全進行義務違反等【道交法第36条】
・交差点優先車妨害等【道交法第37条】
・環状交差点安全進行義務違反等【道交法第37条の2】
・指定場所一時不停止等【道交法第43条】
・歩道通行時の通行方法違反【道交法第63条の4第2項】
・制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【道交法63条の9第1項】
・酒酔い運転【道交法第65条第1項】
・安全運転義務違反【道交法第70条】
・妨害運転(交通の危険のおそれ、著しい交通の危険)【道交法第117条の2の2第11号、第117条の2第6号】

 自転車も自動車などと同じ、車両の仲間であることを自覚して、法令を知りそれに沿った運転を心がけるようにしましょう。

文:米山一輝(よねやま・いっき)
スポーツサイクル歴25年の自転車乗りで元ロードレーサー。選手歴は15年ほどで、実業団レースや国際レースなど入賞多数。自転車に本格的に乗り始めたのは電気街通いの電車賃を節約するためという、どこかのマンガを先取りしたような動機でした。人気のない山中より街中を走る方が好き。脚質は平地番長。
本田聡
監修:本田聡(ほんだ・さとし)
2009年弁護士登録。会社関係法務、独占禁止法関係対応、税務対応を中心に取り扱う傍ら、2台のロードバイクを使い分けながら都内往復20kmの自転車通勤を日課とする。久留米大学附設高校卒・東京大学法学部卒・早稲田大学法務研究科卒。