TOP HOW TO 自転車マナー 道路を走るコツ <11>ドライバーとの意思疎通

Cycling Manner 自転車マナー

道路を走るコツ
<11>ドライバーとの意思疎通

 クルマやオートバイは、曲がるときにウインカーを出します。ブレーキをかけるとブレーキランプが点灯しますね。クラクションやパッシング、ハザードを使うこともあります。光や色や音で、次の動きを周りの人々に知らせているわけです。しかし自転車にはそれらがありません。自転車の後ろを走っているクルマは、自転車の意思が読めないし動きが予測できない。だから急に曲がったり急に止まったりするように見えてしまい、「車道を走る自転車って危なっかしいな」と思われてしまうんです。

 実は、法律で自転車も右折・左折時に手で合図を出さなければいけないことになっています。「手信号」と言います。右折は「右手を水平に伸ばす」で、左折は「右手を直角に曲げる」なんですが、これが非常に分かりにくく、ドライバーにも浸透していないのが現状です。

 なので、オススメなのは直観的に分かるような合図を出すこと。例えば車道走行中に路駐車両を避けて右側にふくらむ場合、右手で右側を指さして「コッチに動くよ」と後続車に対して意思表示をすれば、後続車は「この自転車はコッチに出てくるんだな」と予測でき、追突される可能性は低くなります。

 クルマの前を走っていて停車するときは、手のひらで「止まるよ」と合図すれば、ブレーキランプの代わりになるでしょう。

 ほかにも、「先に行かせて」「お先にどうぞ」「ありがとう」など、手や頭の動きで自分の思いを伝えることはできます。手信号を活用してクルマと積極的に意思疎通をすれば、車道をより安全にスムーズに走れるようになりますよ。

文/安井行生