TOP乗り方・楽しみ方第7回MTB(マウンテンバイク)初心者のためのQ&A

How to ride and enjoy 乗り方・楽しみ方

第7回
MTB(マウンテンバイク)初心者のためのQ&A

すごいところを走っている動画を見かけるけど怖くないの?

 海外のインターネット動画などでは、狭い崖の上を走ったり、そこからジャンプしたりといった過激なライディングを目にすることがあります。しかし、その多くはプロライダーによる動画制作のためのアクション走行で、一般のマウンテンバイカーが同じような場所で危険な走り方をする必要はありません。河川敷をはじめとする平坦なオフロードをのんびり走るのも立派なマウンテンバイクの楽しみ方なのです。

最初はいくらぐらいのマウンテンバイクを買えぱいい?

 5~6万円で購入できるものから100万円を超えるような高級車まで価格帯に幅はありますが、予算面で無理のないものを購入すればOKです。ただし、価格と性能が比例するのも事実なので「初心者が高級車に乗るのは恥ずかしい」と遠慮する必要はありません。逆に5万円以下の低価格帯には注意が必要です。ディスカウントショップなどでは、見た目はマウンテンバイク風でもオフロード走行に対応していない自転車もあります。オフロード走行を考えているなら、安全のためにもスポーツ車を専門的に扱うお店での購入をおすすめします。

マウンテンバイクは何年くらい乗れる? 維持費は必要?

 マウンテンバイクに限らず、長く乗り続けるためには定期的なメンテナンスが必要です。特にオフロードを走行する場合、砂や土、泥などの汚れが車体に付着しやすくなるため、洗浄や各部への注油はなるべく頻繁におこないたいところ。汚れがひどい場合は、部品の分解清掃が必要になる場合もあります。費用については乗る頻度や整備の内容、お店によって異なるため、車両の購入前に確認しておいてもよいでしょう。適切なメンテナンスを欠かさなければ、ただでさえ頑丈に設計されているマウンテンバイクですから、一生つき合えるパートナーにもなりうるはずです。

マウンテンバイクは駐輪場で保管しても盗まれない?

 ロードバイクの盗難に関する話題が頻繁に聞こえてきますが、マウンテンバイクも同様に盗難のターゲットになりやすいスポーツ車です。窃盗犯の目に触れず、車両のコンディションを良好に保つ上でも、可能であれば室内保管が安心です。屋外の駐輪場で保管する場合は、停める位置を選んだりカバーをかけたりするなど、なるべく人目につかない工夫が必要です。また、管理者の許可を受けた上で柱などの構造物と車両をチェーンロックでしっかりとつないでおくなど、何重もの防衛策を心がけましょう。