TOP乗り方・楽しみ方<4>MTBはどこで買うのがベターか?

How to ride and enjoy 乗り方・楽しみ方

プロショップ直伝 MTBの選び方・始め方
<4>MTBはどこで買うのがベターか?

 MTBがどういうものか、そして、どんな種類があるのか理解して頂いたところで、どこでMTBを買うのがベターなのかをお話しします。

 MTBの購入を思い立ったとき、まずはウェブでいろいろと下調べを行い、ある程度ターゲットが定まったところで、ショップに足を運ぶという流れが一般的なパターンだと思います。しかし、ある程度ターゲットが定まっているとはいえ、的確なアドバイスなしで、間違いのないMTB選びをすることは、なかなか容易ではありません。豊富な知識と経験を持っているプロショップは、バイク選びの良きアドバイザーでもあります。自分の理想に近いMTBを選びたいのであれば、信頼のあるプロショップで相談し、そこで買われることをお薦めします。

プロショップならばMTB選びからメンテナンスまで幅広く相談にのってもらえます

プロショップに行ってみよう

 MTBを初めて買われる方にとって、プロショップの敷居はやたらと高く感じると思います。しかし、ここは勇気をもってショップの中に入りましょう。店内を一回りし、雰囲気が悪くなかったら次のステップです。

まずはプロショップに行ってみましょう

 ショップスタッフの手が空いていたら、MTBを購入する意志があることを伝え、相談にのってもらいましょう。MTBで何をしたいのか、おおよその予算、自分の欲しいバイクのイメージも伝え、どのようなバイクを選べばよいのかを尋ねます。

 親切なショップであれば、目的に応じたバイクの候補をいくつか挙げ、それぞれのバイクの特徴を説明してくれるはずです。

 また、自分に適したバイクのサイズを、身体の特徴をもとに選んでもらえるということも、ショップに行く大事なポイントです。

おおよその条件が揃えばゴーサイン

 ショップからのアドバイスをもとにウェブやカタログをながめ、いろいろな想いを馳せる時間は、実に楽しいひとときです。

 購入するための条件が揃い、気持ちが固まったら、再びショップを訪れ最終確認の後、目的のバイクを発注します。

 ショップに行った初日に、気に入ったバイクが見つかり、それが自分の理想に近いバイクであれば、即決してしまうのもアリと思います。もちろん、この場合もショップスタッフに最終確認してもらいましょう。

いよいよ納車!

 プロショップは、納車時にバイクの取扱い説明ばかりでなく、フィッティングとサスペンションの調整を必ず行います。

 フィッティングはバイクとの一体感と軽快な操作性を作り出すためのポジション作りに必要な作業、そして、サスペンション調整はバイクが持つ本来の性能をより活かすために必要な作業です。

 各部の操作や取扱いについて疑問点があればいろいろと質問しましょう。乗り始めてわかる疑問点についても、プロショップであれば快く回答してくれるはずです。

MTBでどう遊ぶ?

 せっかく手に入れたMTBを活用しない手はありません。プロショップの中には、ライディングの基礎やトレイルでのマナーなどを教えてくれるスクールを開催しているショップもあります。

 また、ライディングスクールを併設している「MTB専用コース」や、ライディングの基礎を学びながら実際のトレイルライドを楽しめる「ガイドツアー」も存在します。

 プロショップは、これらの情報もしっかり把握しているので、これを活用しない手はありません。

1人で走るのはとても危険

 管理されているコース以外のトレイルを1人で走ることは大変危険です。メカトラブルや転倒によるケガ、道に迷うことなどが原因で、山で遭難する可能性があるからです。可能な限り複数のメンバーで走ることがトレイルライドの基本です。

 例えば、ショップやショップイベント、ガイドツアーで知り合った人たちの仲間に入れてもらい、一緒にライドするという方法もMTBを安全に楽しむ方法としてお薦めです。

プロショップはショップイベントを行うところもあり、複数人でトレイルを走る機会が増えるはずです。MTBを専門にしているプロショップに行ってみるといいでしょう

メンテナンスやアップグレード

 豊富な知識と経験をもつプロショップは、MTBの様々なトラブルに対処してくれます。また、各部のチューニングやパーツのアップグレードについても、ライダーのスキルに応じた的確なアドバイスをしてくれます。

 定期的にメンテナンスを行うことで気持ちよく乗り続けることが出来、パーツのアップグレードを行うことで自分好みのMTBに育て上げることも可能です。

ネットでMTBを買うリスク

 最近、ネットでMTBを購入される方が増えていますが、MTB初心者の方がネットで購入する場合には以下の問題点を考慮しなければなりません。

・バイクの選択は間違っていないか?
・バイクのサイズは適正か?
・バイクの取扱い説明は?
・フィッティングと各部の調整はどうするのか?
・メンテナンスをどうするか?

 以上の問題点に加え、そもそも、しっかり組み立てられているのかという基本的な問題点も存在します。

プロショップならば細かい調整をしっかりと行った状態で納車してくれます。写真はサグ調整の様子

 安く買えるというメリットもありますがデメリットも多く、何か問題が起きれば、またそれなりの出費がかさむ可能性もあります。

 ネットでのMTB購入は、MTBを熟知し、セッティングやメンテナンスを自分で行えるエキスパート向きといっても過言ではありません。

MTBをどこで買うのがベターか?のまとめ

 あらゆる趣味において、より早くその神髄にたどり着きたいのであれば、その道のプロの手助けを受けることが最も早い近道です。

 MTBはとても奧の深い乗り物です。MTBを趣味として楽しみたいのであれば、プロショップで購入されることをお薦めいたします。

小林秋弘(こばやし・あきひろ)
東京・池袋から程近い、マウンテンバイク・プロショップ「M.D.S」店長。トレイルからレース用MTBまで幅広い品揃えで、ビギナーからベテランライダーをサポート。組み立て、販売だけでなく、ツアーやスクールなどのイベントも企画、運営。自転車協会が定めるスポーツ用自転車の点検・整備のプロ「SBAA PLUS」認定者の資格も持つ。