TOP HOW TO 自転車マナー 道路を走るコツ <12>コーナリングのポイント

Cycling Manner 自転車マナー

道路を走るコツ
<12>コーナリングのポイント

 自転車はクルマのように自立することができない乗り物です。そんな自転車が最も不安定な状態になるのが曲がっているとき。いわゆるコーナリング中です。まっすぐ走っているときにいきなり転ぶ人はほとんどいません。オートバイだって自転車だって、転倒の多くはコーナリング中に起きます。今回は、安全なコーナーの曲がり方について書いてみます。

 まず、コーナーの手前で、カーブミラー、障害物の有無、コーナーの曲率、路面の状態(凹凸や溝がないか、砂利などで滑りやすくなっていないか)など、状況をよく見て把握しておきましょう。コーナーに入る前にブレーキングは終えておくことも大切です。コーナーでのスピードですが、怖いと感じたらそれはオーバースピードということ。怖く感じるスピードには個人差がありますが、「コーナーでは怖くなくなるまでスピードを落とす」が大前提です。

 ブレーキをかけてスピードを落としたら、自転車を倒してコーナーに入ります。ただし、自転車はハンドルを曲げても曲がってくれません。体と自転車を一緒に倒すイメージで、体全体を使って曲がります。そうそう、コーナリング中はペダルを回さないでください。コーナーでは自転車が傾くので、内側のペダルが地面に当たって転んでしまいます。「コーナーでは外側のペダルを下にして脚を踏ん張る」が原則です。

コーナーでは自転車を倒して曲がる

 また、日本は左側通行なので、左コーナーでは建物や塀などでコーナーの先が見えないことも多く、注意が必要です。コーナーの先に歩行者がいたら?クルマが路駐していたら?など、「曲がった先に障害物があるかもしれない」と予測しておくことも大切です。

文/安井行生