TOPインタビュー自転車の魅力を"素"で伝えるYouTuber、けんたさんが語る動画づくりとライド・・・

Interview インタビュー

自転車の魅力を"素"で伝えるYouTuber、けんたさんが語る動画づくりとライドの楽しさ

けんたさん
自転車系YouTuberとして活動しています。ライドの様子や、自転車関連のアイテム紹介、自転車に関するHow toなど、僕なりの視点で自分が楽しいと思ったことを動画にしてYouTubeに発信しております。持っている自転車はロードバイク2台、ビンテージバイク1台、MTB2台、ピスト1台。キャンプライド、トレイルライド、グラベルライドが好きです。

―スポーツ自転車に乗り始めたきっかけを教えてください

 大学生のときに友達から誘われて、クロスバイクを買ったのがきっかけです。でも、そのときは通学の移動手段にすぎませんでした。

 それからしばらくして、日本に空前のピストブームがやってきました。ストリートカルチャーの自由な雰囲気、オシャレな服装、全体で醸し出すやんちゃな感じがかっこよくて、ピストバイクが欲しくなりました。それで、アルバイトして、パーツを集めて自分で作ることにしました。5万円ほどで買えるピストバイクもありますが、好みのフレームを選んで、ホイールは手組みにして、こだわりを持って作っていました。

―ロードバイクに乗り始めたのはいつからですか?

 大学卒業後、ロードバイクに乗り始めた友人から勧められたのがきっかけです。「ピチピチなウェアなんてカッコ悪くて着られない」と思っていましたが、友人に勧められるがまま、試してみたら「ロードバイク、速い!」「ビブ、お尻、痛くない…、最高!」と感動でした。

 そうなると、ロードバイクがよく見えてきます。それでも、レーシーな感じのスローピングフレームには抵抗があり、買ったのはクラシカルなデザインのクロモリフレームのロードバイクでした。ロードバイクに乗り始めた後で、バイクパッキングにも興味を持って、シクロクロスバイクも買いました。1泊2日のキャンプライドをしたこともあります。

 ちなみに今ハマっているのは、マウンテンバイクです。これも友人の影響を受けてですが、トレイルを走ってみたら、欲しくなって買ってしまいました。MTB遊びを始めると、ロードバイクのように一日中ライドするというより、車を使ってフィールドに行くことになるので、限られた濃密な時間を楽しんでいます。「これが大人の休日かー」という感じですね。

―今はどんなバイクに乗っていますか?

 ロードバイクは2台、ビンテージバイクが1台、マウンテンバイクがフルリジッドバイクとハードテイルバイクの2台です。そのほかピストバイクを1台持っています。MTBはもっと下りを楽しむために、フルサスペンションのバイクが欲しいですね。

―いつから自転車のYouTube動画を撮り始めたのでしょうか

 大学を卒業してからです。会社員になって働き始めたら、ダンスをしたり、自転車に乗ったりする時間がなくなってしまいました。その当時、まだ大きなブームになっていなかったHIKAKINさんの番組にハマって、僕もやってみたくなって動画を作り始めました。最初は、激辛カップラーメンを食べてみようとか、巨大なチロルチョコを作ってみようとか…。当時は動画を出しても、数十、数百ほどの再生回数しかなかったですが、それでも嬉しかったですね。新しいコミュニティーツールを得たように感じていました。

 編集作業も好きで寝る間を惜しんで作業に没頭していましたね。編集がうまくいくと「ヤバい、俺、カッコいい…」みたいに自分で酔うような感じで…(笑)。

 そうしてコンスタントに動画を配信していくなかで、やたらと再生回数が多かったのが、ピストバイクの紹介動画でした。「みんな自転車好きなのかな」とか思いながら、自転車の動画を上げていったら、いつの間にか自転車チャンネルになっちゃったという感じです。次第に周りが自転車好きだらけになって、僕も自転車が好きだし、だったら自転車メインでいこうか、となって今に続いています。

 会社員時代は、夜の8時か、9時に帰宅して、そこから撮影、編集作業です。気づくと深夜で、翌朝出社して…という生活が続いていましたね。YouTubeからの収益も入るようになって、会社に行くよりもYouTube動画の制作意欲のほうが強くなって、悩みつつも会社を辞めてしまいました。今は自転車媒体のFRAMEに所属しながらも、半分フリーな立場で自分の動画を作っています。

―ピストの紹介動画がヒットした後で、グッズ紹介動画が多いように思います

 今から振り返ると、伸びる動画を意識していたのかもしれませんね。動画の再生回数を追うようなことはしていませんが、再生回数が伸びれば嬉しいですし、モチベーションにもつながります。商品紹介動画は再生回数が伸びたし、何より作っていて楽しかったです。

―自転車とは関連のないガジェットの紹介動画もたくさん出てきますね

 ものすごくガジェット好きです。カメラの新製品を全部チェックしていますし、新しい物が好きです。(日本時間深夜2時に行われるのが恒例の)アップルの新製品発表会も見ています。自転車も好きだし、カメラも好きだし、動画編集も好きです。

―自転車動画は商品紹介から楽しさを伝える動画に移り変わっているように思えます

 最近は確かにオススメ商品紹介をやっていないですね。2年ほど商品紹介を続けてきて、自分自身で飽きてきたところもあると思います。ただ、動画の再生回数は上がって収益も大きくなるし、ネタも豊富なんですけど、商品紹介へのモチベーションは今、それほど高くはないです。そのうち気分でやるかもしれないですけどね。

―動画のテーマは毎回、自分の好みで決めているのでしょうか?

 自分のチャンネル用に作る動画はそうですね。自分が面白いと思ったことは共有したいですし、自分が面白いと思ったものは、ほかの人にも伝わるはずだと思っています。他から求められて作ることもありますが、それだけだと疲れちゃいますから。

 ちなみに、やりたいことをやっていると言っても、動画の並びは客観的に見るようにしています。今はMTBにハマっていますが、MTB動画ばかりを作るのではなく、バランスはとるように心がけています。とにかく「わかりやすく、シンプルに」をテーマにして、ありのままの自分の出している感じです。

―流行にすごく敏感だと思うのですが、自転車情報をどこで得ていますか

 新製品情報はSNSが多いですね。あとはインスタグラムもよく見ています。バイクパーツメーカーやビルダーの投稿はよくチェックしています。

 ピストバイクにハマり出した頃は、友達から教えてもらって、ピストバイクに乗っている人の服装やバイクを調べて、お店に行くような感じでした。真似をしていくうちに自分の好きなものが確立していった感じです。

―自転車の楽しみは何だと思いますか?

 自転車には無限の楽しみ方があると思います。ロードレースに出てみたり、ヒルクライムに出てみたり、バイクパッキングでキャンプに行くのもいいし、MTBでトレイルを走ることもできます。レースの緊張感、ヒルクライムの達成感、グルメポタもいいし、とりあえず試してみるといいのではないでしょうか?

 ロードバイクを使って一人で走るとすると、心が無になれるのは気持ちいいですよね。グループライドをするなら、ワイワイできて楽しいし、ご飯をみんなで食べたり、何気ない会話をしたりするのも楽しいです。ロングライドだと、平気で6時間経ってしまいますし、仲間と時間を共有する感じは好きですね。6時間も時間を共有するというのは、ほかではあまりできない経験だと思います。