幸也さんのサドルポジションについて教えてください レース・トレーニング

 エキップアサダ時代の幸也さんは、サドルポジションが今より低かったですが、高くした理由を教えてください。

 私は以前は足を伸ばしてペダルにかかとが当たる一般的な方法で高さを決めていましたが、フレームビルダーの方(ピスト界では重鎮のような人です)にポジションをみて頂く機会があり、それでは高いと言われ、今は以前のポジションより下支点では膝に余裕のあるポジションに乗っています。出力は出しにくいかもしれませんし、格好もあまりよくありませんが、ペダルは回しやすいと思いますし、重心が下がるので下りでの安定感がでると思うので気に入っています。

 幸也さんが外足をめいっぱい伸ばしてコーナーをクリアしている写真をよく見ますが、路面にギャップがあったら弾かれないのかと思ってしまいます。映像を見ると過去の欧州のレーサーの多くは、現在ほど足を伸ばして乗っていなかったように見えます。ローラン・フィニョンなどは腰を引き、膝も余裕のある高さで乗っているようでした。

 幸也さんのアサダ時代の低いポジションは、福島さんらがベルナールじいさんから強制されたものを受け継いだものだと想像していました。晋一さんが「今のサドルの高さに変えたから上にいけた」と言っているのをどこかで読んだ記憶があります。ただ理由までは言及していなかったようです。

 どうして今の高さに変更されたのでしょうか? 過渡期としてアサダ時代の高さにする必要があったということでしょうか? またポジションやペダリングについて、こだわりがあればお聞かせください。よろしくお願いします。
 成長する過程で、自分の身体も、筋肉の付き方も変わっていきました。また、レースカテゴリーによって、レーススピードも強度も変わります。そのスピード、強度に対応するために、身体のポテンシャルを十二分に発揮できるように、現在のポジションになっています。

 選手にとってサドルの上がり下がりは常に変化するものです。シーズンによって使用するマシンや、サドルのメーカーも変わるので、その都度、ポジションを決めています。

 今は自分の身体がポジションを覚えているので、そこにピタッと合うようにセッティングしてもらっていますが、いつも体と相談しながら決めています。

その他のQ&Aを探す

自転車・アイテム選び

詳細はこちらを見る

メンテナンスの基本

詳細はこちらを見る

交通ルールとマナー

詳細はこちらを見る

レース・トレーニング

詳細はこちらを見る

食べもの・フィットネス

詳細はこちらを見る

自転車あれこれ

詳細はこちらを見る

楽しさいろいろ「厳選サイクリングコース

PICK UP

千葉・南房総をたっぷり満喫
高速バスで行く週末自転車旅(千葉)

温暖な気候で、海を眺めながらサイクリングが楽しめるとあって人気のサイクリングスポットとなっている千葉の南房総。

詳細はこちらを見る

伊豆大島の自然と歴史を満喫 チャレンジ 大島一周道路コース(東京)

別府、大分の市街地を抜ける爽快な海岸ライド
Cycling OITA・別府湾岸・国東半島海べの道(大分)

3つの浅間神社と世界文化遺産・富士山の精神に出会える
やまなしスポーツツーリズム 構成資産を巡るコース(山梨)

一覧はこちら

スポーツ用自転車動画

PICK UP

動画でわかる!スポーツ用自転車のキホン
①ヘルメットの正しいかぶり方

 スピードが出るスポーツ用自転車に乗るとき、ヘルメットは必須ともいえるアイテム。

詳細はこちらを見る

一覧はこちら